Korekiyo Takahashi and Helicopter money

Learn from history: Korekiyo Takahashi and Helicopter money

Three questions left:

  1. What drives the different outcome of helicopter money in the history?
  2. Why did government bond rate remain low and there is no inflation after the unprecedented QE?
  3. Does helicopter money work today?

The reason for 2 might be the rising asset price and stalled wage level. The slump of commodity price is a best proof for the mismatched capital.

 

Helicopter Cash Clues Lie in Life and Death of Japanese Viscount

http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-07-18/helicopter-cash-clues-lie-in-life-and-death-of-japanese-viscount

 

In the early 1930s, Viscount Korekiyo Takahashi initiated the equivalent of helicopter money, using the BOJ to directly finance deficit spending by the government.

Takahashi’s reflationary policies “brilliantly rescued Japan from the Great Depression,” Ben S. Bernanke said in 2003. A steep yen decline helped.

So what lessons should be drawn today as Kuroda seeks to stave off a deflationary downturn?

Helicopter money:

– a fusion of fiscal and monetary policy
– Rather than issuing debt, a national government draws newly printed money from the central bank, then injects that cash straight into the economy.

– Unlike debt-financed fiscal programs, a money-financed program does not increase future tax burdens

(Ricardian posits that debt-financed government spending doesn’t lift an economy because citizens know it will have to be paid for with future tax increases, depressing demand.)

However:

economists have long insisted a free lunch doesn’t exist:
its repeated usage ultimately spawns hyper-inflation. (See the U.S. Confederacy during the 1861-1865 Civil War or Zimbabwe in the last decade.)

But in some cases like Takahashi’s one, the inflation looks like controllable

Law:

The BOJ by law is prohibited from buying government bonds directly from the finance ministry. Instead, it purchases them from intermediaries such as banks.

“Unless the existing legal framework changes, helicopter money isn’t possible,” Kuroda told Japanese lawmakers on April 19.

Fact: Japan is already engaged in a strategy that involves helicopter money

Because of the negative yields on Japanese government debt, banks have little incentive to buy them unless they expect to sell them later to the central bank under its asset buying program

Whether that’s financed by issuing bonds at roughly zero interest rates or by drawing money from the central bank “doesn’t make a whole lot of difference”

We might actually see policies that economics students only ever talked about in an imaginary or long ago world (i.e. the 1930s) become real.”

 

 

ヘリコプターマネー~その内容と実現可能性は~

http://www.bank-daiwa.co.jp/column/articles/2016/2016_17.html

 

リーマン・ショック後、ベン・バーナンキは、危機を乗り切るため、フリードマン氏の主張するヘリコプターマネーに近い金融緩和策、QE (量的緩和) 策を実行し、ゼロ金利脱却に成功した。

QEは、中央銀行が新たに印刷して生み出した紙幣を使って国債を購入する方法

金利を下げ、政府は財政出動をして景気を刺激する
政府の財政出動は政府債務を増やし (金利を上げ)
民間投資を損なう恐れ
増税を恐れて消費を減らすこと

ヘリコプターマネーと通常のQEとの違い

前者は政府の財政負担にならない

中央銀行の買い切りや無期限の償還などによって、政府ははじめて無制限に国債を発行できる

現在のアベノミクスのQEでは中央銀行の日本銀行が年間80兆円の国債を買い取り、政府は日銀に利息を支払い、そう遠くない将来には国債の元本を償還しなければならない。

景気は良くなり、インフレにはなるがコントロールできないこともない

米国は第2次世界大戦時の戦費調達のために、FRBが国債の大半を買い切って資金を提供したものの、極端なインフレなどの後遺症はなかった

日本でも、1931年に発足した犬養毅内閣の高橋是清蔵相が、国債の日銀引き受けによる財政拡張政策を断行し、金本位制からの離脱や円切り下げの政策と合わせて、世界に先駆けて景気回復、デフレ脱却を実現させている

一方、

ヘリコプターマネーの実行は1920年代にドイツで起きたような「ハイパーインフレ」を招く
国債の金利を暴騰させて、通貨を暴落させる
食料とエネルギーの大半を輸入に頼る日本のような国家は、あっという間に円安が暴走して輸入物価の急騰を招き、ハイパーインフレを引き起こす

日本も、30年代後半以降は、軍部の暴走を財政面で抑えることができなくなって、そのまま太平洋戦争に突入し、45年の敗戦直後、年間500倍というハイパーインフレを経験している

暴走し始めたインフレを止める手段はそうそうあるものではない
1990年代に始まったジンバブエのハイパーインフレは、最終的には自国の通貨を捨てて米ドルを自国通貨とすることで乗り切らざるを得なかった。

 

実際問題

国債の「市中消化の原則」があったけど、マイナス金利を導入した日本銀行では、利息なしの国債を償還期限なしで発行しているのと変わりなく、実質的にヘリコプターマネー導入状態でないのかともいわれている。

1x-1

1x-11

安倍内閣では日本銀行が、日本国債の新発債の7~8割を引き受けている。アベノミクス以前は、日本銀行が保有する国債は50兆円程度だったのだが、いまや300兆円にまで膨れ上がっている。